住宅改修プラン┃水道水漏れ工事や桐タンスの修理で快適ライフ

作業員

不具合を修理する

水漏れが起きたとき

水道水漏れが発生したと言っても不具合の原因箇所により様々な対応が必要になります。住宅内の見える場所から明らかな水漏れが発生している時の場合。その漏れ具合の程度にもよりますがまずは元栓を閉めるなど応急処置を施します。次に考えるのが自分自身で水漏れ修理を試みるか、修理業者に依頼をするか決めることになります。自分で修理をする場合現在はホームセンターなどの水回り品コーナーに補修材料が販売されています。自分で修理をする人たちの為に材料の品揃えばかりでなく修理ハンドブックのような小冊子も備えられています。専門の業者が使用する材料の他に素人でも使いやすいよう工夫された機材、材料も揃っています。最近は水漏れ修理も自分で行う人が増え係員もアドバイスしてくれますので必要なときは試すことも良いのではないでしょうか。

水漏れ修理に関わる人たち

水道水漏れで洗面台の蛇口からポタポタ落ちる水漏れなどは市販の補修材料で修理可能ですが、見えない部分の水漏れは発見が難しく専門の水漏れ修理業者に依頼することになります。通常見えない箇所からの水漏れは水道メーターの検針結果から普段より多くの使用が認められたとき気付くことが多いのです。特に戸建て住宅などで地中配管に原因があるときその場所の特定は専門業者に依頼することになります。水道水漏れは、基本的に道路から宅地内へ引き込まれる水道管には責任分界点が設置されその箇所を取り扱うときは自治体の指定を受けた業者が作業することになっています。安全安定に水路を確保するための制度なので個人の敷地内とはいえ水漏れ修理依頼には注意が必要です。自治体によっては修理業者の当番制を採用している所も有り水漏れを発見したりその疑いがある時は修理依頼ができます。